スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜明けの山

 29, 2011 23:46




誰のせいでもない


誰もわるくない











スポンサーサイト

Voice

 26, 2011 22:18

金曜の夜、旧硝子工場だったステージと客席はブルージーな夜に酔いしれた。
昨今の震災の影響で誰もがピリピリとした緊張感を強いられる状況の中、その唯一無二の「天使のダミ声」に誰もが心を解され、笑顔になる魔法をかけられたようだった。
オーディエンスとの心あたたまる掛け合いもあり温かな素晴らしいステージとなった。

極上の夜に乾杯。




この日は仕事が終わり我がグループでは夜7時から計画停電も計画されており、それならと震災救援LIVEに出かけたのだった。
そう、いつものライブハウス





個人的に気に入ってる壁に浮き上がる十字架模様。


以前、好きだったこの曲を弾き語りを間近で聴けるとは何たる贅沢。

胸が...
魂が振えた。




Pink

 21, 2011 23:46


昨日、娘の引越し。
新居へ重い荷物を運んだり、家具を組み立てたりと結構な重労働。
朝九時から夜の八時頃まで。
帰り道、車窓から見た月が綺麗だった。

地震の余波でホールでの専門学校の卒業式は中止となったが学校で執り行ったそうだ。
二年間の学生生活は特に早いものだ。

引越しの際、我が家に持ち帰った様々な荷物。
その中から彼女の一年時の作品を撮ってみた。







蝋燭とラジオと月の夜

 16, 2011 09:21


今日は夜7時から9時まで計画停電が実地された。
蝋燭の灯りはやさしくあたたかい。
ラジオからはマイケルの「Heal the World」が流れてきた。
月明かりで外は思いのほか明るい静かな夜。

そんな夜、またも地震。
11日を思い出させるような激しい揺れだった。
県内M5強。我が町ではM4だった。
すぐさま娘から大丈夫なのかと着信があった。
こんな時、家族が離れて暮らすのは非常に不安で心配である。
「自分の身は自分で守る、お互いにね」と言われ電話を切った。




朝陽

 14, 2011 23:43


am6:55 駅前。
本日、渋谷に向かう予定だった。
JR不通のため、急遽高速バスを待つ。
途中で連絡が入った。
本日の娘の卒業式は延期と。
すぐさま帰宅することに。
ローカル線で我が家の最寄り駅へ向かう。
車に乗り換えて運転中、やけに街中が混雑している。
ガソリンスタンドでは列をなして順番を待っている。
スーパーに寄ると、カップ麵、飲料水、食糧品、、買い走りする人々でレジが混む。
普段から買い溜めしない私は懐中電灯の単一電池がない。
コンビニにも電池は売り切れ。
母がこれを持ってきなと、大きめの仏具用ろうそくをくれた。
これで間に合わせよう。
大変な時代になりましたね、とレジの人が話しかける。
今日から計画停電のグループに我が地区も該当する。
急がなきゃ、停電前にあれをこれを済ませて・・・
しかし、幸いなことに今日は見送られた。
有難いことだ。
今まで当たり前だと思っていたことが、こんなにも身にしみる今日この頃。
そして自分を戒めた。
帰宅し、ウェブを開き情報収集。
海外からの沢山の「Pray for japan」のメッセ-ジ。
張りつめた心から止めどなく流れる涙。
地震後、初めて私は泣いた。






一夜明けて

 12, 2011 09:44


冷え込む金曜日。
14時50分前、激しい揺れ。地震だ。
看板のポールが左右に、車庫のワゴン車が前後に揺れる。
怖い、本当に怖かった。身の危険を感じた。
のちにこちらではマグニチュード5弱だったと分かる。
しかし、特に被害はなし。
娘に即メールしたが連絡つかず。都内も交通機関の目処は立たず渋谷駅前は大混乱している様子。
母より大丈夫かと電話あり。
夕方、娘に電話する。繋がった。メールは届いていなかったそうだ。
今は学校内で待機。帰宅困難となる。
元気な声を聞いて安心する。
7時過ぎ、再び電話するが繋がらず、しばらくしてから家の方に着信あり。
近くのコンビニで夕飯調達した様子。
まだまだ交通機関混乱しているようなので、今夜はここから出ない方が却って安心だ。
そもそも学校はセキュリティサービスで管理されているので夜間の外出は出来ないらしい。
23時30分過ぎ、再び娘より大丈夫かと着信あり。
犬猫たちを頼むよと言われ、そしてお互い気をつけてと言い合い電話を切った。
早朝から頻繁に鳴る携帯電話の緊急地震警報のアラームの度にドキッとする。
そんなこんなで殆ど眠れないまま夜が明けた。
朝、妹にも連絡がついた。
街中停電だったそうだ。
無事で何より。
それにしても大変なことが起こってしまった。
これ以上、被害が出ませぬように。
祈るばかり。

雲間の光

 07, 2011 21:29



三月の雪が降りました。
午後には雲が開いて一瞬光が差し込みました。


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。